赤倉温泉

あかくらおんせん

自慢の湯量は東北一!旅館ごとに自家源泉を持つ温泉街

  • 清流 小国川沿いに栄えた温泉街
  • 温泉街の中心を流れる小国川
  • 冬の赤倉温泉

赤倉温泉の自慢はなんといっても豊富な湯量。東北一ともいわれる湯量で、すべての旅館が個別に自家源泉を持っています。開湯は1100年以上も昔の863年。慈覚大師(じかくだいし)が杖で岩を掘ったところ、お湯が噴出したと伝えられています。今でも、温泉街の真ん中を流れる小国川を掘ると、温泉が湧き出るとか!?


自家源泉から湧き出る温泉は、お湯の劣化もほとんどなく、鮮度の高いお湯と評判。源泉ごとに泉質が微妙に違うため、温泉めぐりがおすすめ。日帰り温泉「おくのほそ道赤倉ゆけむり館」や各旅館の日帰り入浴をご利用ください。日本庭園内にある露天風呂や天然の巨石を削り出して作られた岩風呂、泳げるほど大きい大露天風呂など、各施設でまったく違う雰囲気を味わえるのも温泉めぐりの醍醐味。


冬は赤倉温泉スキー場がオープン。圧雪されていない深雪を滑る斜面コースや、赤倉温泉がある最上町出身のプロスキーヤー海和俊宏選手に由来するコースなど、上級者コースが豊富なスキー場。初級・中級者コース、クロスカントリーエリア、子ども専用ソリ遊びエリアなどもあり、上級者からお子様まで誰でも楽しめるゲレンデがあります。スキー場で遊んだ後は、温泉で冷えた体を温めて疲れを癒しましょう。

エリア
山形県
尾花沢・新庄・村山
カテゴリー
温泉

基本情報

住所
山形県最上郡最上町富澤
アクセス
●JR赤倉温泉駅から町営バスで約6分
●JR新庄駅から車で約40分
公式サイト
サイトを見る

問い合わせ先

問い合わせ先
赤倉温泉観光協会
電話番号
080-1660-4083

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

花巻温泉郷
詳細はこちら