釣石神社

つりいしじんじゃ

受験生に大人気!「落ちそうで落ちない石」を参拝しよう

崖から突き出た「落ちそうで落ちない石」の姿から、合格祈願などの名所として知られる釣石神社。名称の由来はもちろん、地上約5メートルあたりの崖の中腹から突き出たかたちの周囲約14メートルの御神体「男石」。1978年の宮城県沖地震でも、2011年(平成23年)の東日本大震災でも、周囲が大惨事だったにもかかわらずビクともしなかったことから脚光を浴び、「落ちそうで落ちない=受験の神様」として有名になりました。


実際に下から見上げると今にも落ちてきそうでスリリング!横から間近に見ると、なぜ落ちないのかがサッパリ分からず、謎が深まる神秘の釣石です。


落ちそうで落ちないことから合格祈願・会社の景気支えの祈願、釣の一字から大漁祈願、石が亀の頭によく似ていることから萬年長寿の祈願に参拝者が訪れます。縁結び・夫婦円満・子孫繁栄にも御利益があるとか。


また、北上川河口のヨシ原が見渡せることから、北上川河川敷で刈り取ったヨシを麻ひもなどで束ねた茅の輪が参道入り口に飾られ、受験生らがくぐれるようにしてあり、「ヨシ合格」の語呂に合わせた合格祈願ができます。

基本情報

住所
宮城県石巻市北上町十三浜字菖蒲田305
アクセス
三陸自動車道 河北ICより約40分
駐車場
あり
SNS
Facebook
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

電話番号
0225-25-6345