釣石神社

御神体の巨石は、中腹より突き出してしめ縄の巻かれてあるのが男の神様、その下に横たわっているのが女の神様として祀られ、縁結び・夫婦円満・子孫繁栄に御利益があるとされています。また落ちそうで落ちないことから合格祈願、釣の一字から大漁祈願、中腹より釣り上げられた石が亀の頭によく似ていることから萬年長寿の祈願に多くの参拝者が訪れています。釣石神社では、境内地から日本の音風景百景選の北上川河口のヨシ原が見渡せることから境内地に「茅ではなくヨシ原」を飾り、参拝者がこれをくぐり抜けることで「けがれを祓い身を清め、祈願が成就」して「良い年」になるように願いを込めて氏子が平成10年から飾り付け始めました。つり上がっている御神体の巨石は、地震でもビクともしないことから落ちそうで落ちない受験の女神として市内外から大勢の人が参拝に訪れています。お札や釣石特製の合格祈願絵馬、合格ヨシペンなどを取り揃えて受験生を迎えています。

基本情報

住所
宮城県石巻市北上町十三浜字追波
公式サイト
http://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10452000b/-kanko/-kankomap/d0150/20130225111648.html

問い合わせ先

電話番号
0225-25-6345

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

大宝館
詳細はこちら