大畑海峡サーモン丼

荒波が育てた極上サーモン~大畑海峡サーモン丼~

大畑海峡サーモン丼
■海峡サーモンとは
 海峡サーモンは国産サーモンの中でも珍しい外海(そとうみ)育ち。
 養殖といえども、湾内や港内ではなく潮の流れの速い津軽海峡の沖合3km、水深25mの生け簀で冬の冷たい荒波に揉まれて育ちます。 津軽海峡の冷たい海と強い潮流は、運動量を増やし身を引き締めます。
 脂もしっかり乗りますが、くどくならないのは脂の質の違いです。
 この海が海峡サーモンの旨みをぎゅっと凝縮してくれています。■海峡サーモンの魚種
 海峡サーモンとは、サケ科の「ニジマス(降海型)」をわたしたちが津軽海峡で育てたブランド名。
 ニジマスは淡水で過ごすものと海に降りるものがあり、海に降りる「スチールヘットトラウト」とアメリカのドナルドソン博士が品種改良した「ドナルドソンニジマス」を養殖しています。■大畑海峡サーモン丼提供店舗
・奥薬研レストハウス※当該情報は、令和2年2月29日現在のもの
住所
青森県むつ市大畑町赤滝山1-3
電話番号
0175-22-1111
営業時間
08:30~18:00(4月1日~4月30日・9月1日~11月10日)
08:30~19:00(5月1日~8月31日)
10:00~17:00(11月11日~3月31日)
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する