滴生舎

使うほどに味わい増す漆器

滴生舎
 国産漆の約70パーセントを生産する二戸市浄法寺町。その良質な「浄法寺漆」は、中尊寺金色堂や日光東照宮、金閣寺など国宝や重要文化財の修理修復に利用されています。
 「浄法寺漆」を使った漆器や漆芸品の展示販売や漆器の修理も行っています。 平成30年に改修工事を終え、展示販売室・駐車場・木工棟の作業スペースがリニューアルしました。
 工房を兼ねているため作業を見学できるほか、漆ストラップつや出し体験も行っています。 (要予約※1)
 ■滴生舎の漆器 浄法寺漆にこだわって作られる漆器は、深い色合いを持っています。 手に吸い付くような肌触りが心地よく、使い込むほどに艶やかな肌へ変化していきます。
住所
岩手県二戸市浄法寺町御山中前田23-6
電話番号
0195-38-2511
営業時間
8:30~17:00
料金
所要時間
30分程度(体験を除く)
備考
※1 漆ストラップつや出し体験
   場所 滴生舎
   時間 約40分
   料金 1,500円(税別)
   本来は1~10名程度の受け入れですが、
   新型コロナウイルス感染症の影響のため、
   「1~5名程度」に受け入れを制限しております。

   
   

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する