小松豊年獅子踊

華やかさと豪華さを合わせ持つ伝統芸能

小松豊年獅子踊
平安時代に起源をもつと伝えられる小松豊年獅子踊は、上杉氏の藩政時代には豊作の年にのみ踊ることを許されたためこの名がつけられたといわれ、昭和55年に山形県無形民俗文化財に指定されています。花に酔い火に狂う三匹の獅子の躍動の中に農作業のしぐさが織り込まれ、花笠をかぶった6人の早乙女の太鼓に笛と歌が流麗な調べを重ね、動と静の交錯する古典的な雅が表現されています。見どころは、代名詞ともいわれる牝獅子による大迫力の火の輪くぐりです。毎年8月16日には大光院(上小松)、8月27日には諏訪神社(上小松)にて奉納公演がおこなわれます。その他、川西夏まつりや各種イベントでの披露もおこなわれています。

住所
山形県川西町大字上小松地内
電話番号
0238-27-1166
営業時間
8月16日、8月27日  ※2021年度は中止
料金
無料
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する