仙台づけ丼

白身魚のヅケが主役の新・仙台名物

仙台づけ丼
水深100m程のなだらかに広がる海底。岩礁地帯や砂場といった変化に富んだ環境、さらに北上暖水、流れ込む大河川などの影響で発達した沿岸水。魚の生息に適した仙台湾付近は、魚介類の種類が他地域に比べて多く、これまでに確認された魚類は約260種。白身魚の代表種である、ヒラメ・カレイ・スズキ・鯛などもたくさん捕れます。そうした旬の白身魚のヅケと、宮城の米を使ってつくられるのが宮城・仙台の新名物「仙台づけ丼」です。他では味わえない白身魚のヅケがふんだんに盛られた丼に箸をのばせば、新鮮!美味しい!ヘルシー!しかも安い!と叫びたくなるはず。まるごと仙台の美味しさがつまった、まさに絶品の丼です。※掲載情報は2020年4月末現在
住所
宮城県仙台市
電話番号
022-265-3814
営業時間
各スポットによって異なります
料金
各スポットによって異なります
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する