歴史ロマンを堪能! 山形県の縄文遺跡を巡る旅(玉川寺、致道博物館)

山形県庄内地域で、縄文文化に触れます。

歴史ロマンを堪能! 山形県の縄文遺跡を巡る旅(玉川寺、致道博物館)
鶴岡市羽黒地域内に位置する玉川寺の玉川遺跡資料館には、縄文時代中期から後期の物と推測される土偶や土器が展示されています。展示品の中には舟形町で発見された国宝「縄文の女神」に似た「有脚立像土偶の脚部」や、山形県内では珍しい「ポーズ土偶」があり、自然豊かな環境の中で時間のゆるす限り、土偶や土器の造形の不思議や、遠く離れた土地で似た造形の土偶が作られていたことの不思議など、歴史ロマンに思いを馳せてみてはいかがでしょうか?
また、鶴岡市中心市街地に位置する致道博物館内の旧西田川郡役所内でも、市内の岡山遺跡から出土された「中空の大型土偶の頭部」などを展示しており、縄文時代ファンにとって、複数の時代の遺跡資料と出会える歴史ロマン豊かな旅となります。
住所
山形県鶴岡市玉川35(玉川寺)、山形県鶴岡市家中新町10‐18(致道博物館)
電話番号
玉川寺0235-62-2746、致道博物館0235-22-1199
営業時間
通年
・玉川寺(9:00~17:00【4月~10月】、9:00~16:00【11月~3月】)
・致道博物館(9:00~17:00【3月~11月】、9:00~16:30【12月~2月】)
料金
玉川寺 拝観料 大人400円、小中生200円(団体割引有)  
致道博物館 入館料 個人一般800円、高大生400円、小中生300円(団体割引有) 
所要時間
備考
致道博物館では、学芸員の解説を行っていますので、団体利用の時など、旅行前に施設へご相談ください。

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する