みちのくあかね会(盛岡小さな博物館)

羊毛を手で紡ぎ、染めた岩手独特の毛織物

みちのくあかね会(盛岡小さな博物館)
染色から織りまですべて手作業で行うホームスパンの工程を見学することができ、一連の製作工程をパネルで紹介しています。明治時代のはじめに、イギリス人宣教師が岩手に広めたホームスパンは、羊毛を染め、手紡ぎしたいとで織る毛織物です。機械による大量生産が多いなか、みちのくあかね会は、毛を紡ぎ出した縦糸・横糸を一つ一つ手で織っていく本来の手作り品にこだわっています。

住所
岩手県盛岡市名須川町4-30
電話番号
019-622-2648
営業時間
受付開始時間 9:30~16:00(12:00~13:00 昼休み)
料金
体験料:800円~1,600円
所要時間
30分~60分
備考
○ホームスパンミニマット
 • 体験料   ¥1600
 •体験時間  30~40分
 花瓶敷き 約17cm×17cm 手紡ぎ糸の色を選んでミニマットに!
○ホームスパンコースター
 • 体験料   ¥800 
 •体験時間  20~30分   
 コースター 約10cm×10cm ウールの糸でも、裂織の布でも!
○フェルトボール・コースター
 • 体験料 フェルトボール  ¥1000
      ペーパーウェイト ¥1000
      フェルトのたまご  ¥900
      フェルトコースター ¥900  
 •体験時間  30~60分
 石をカラフルな羊毛でくるみ、石けん水でゴシゴシ。中身はボールやタマゴ形でも。

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する