【かみのやま温泉】上山城郷土資料館

かつて『羽州の名城』として知られた上山城。現在は郷土資料館として賑わいます

【かみのやま温泉】上山城郷土資料館
上山城(別名:月岡城)は、天文4年(1535)に武衛(永)義忠が月岡・天神森に築いたと伝えられています。戦国時代は最上氏の最南端の城塞であり、米沢の伊達氏や上杉氏との攻防の舞台となりました。
江戸時代、最上家改易の後は歴代藩主の居城となりますが、城下町まで含めた整備がなされたのは土岐氏の治政下で、当時の壮麗な城郭は「羽州の名城」として知られました。
しかし、元禄5年(1692)土岐氏の転封と共に、幕命により取り壊され、現在は堀跡の一部が当時の名残をとどめています。
現在の上山城は、昭和57年、外観が城郭風建築の郷土資料館として290年ぶりに再建されたものです。展望台(天守閣)からは、市内や蔵王連峰が一望できます。観光ボランティアガイドが館内をご案内いたします。お気軽にお声がけください。
上山城売店「かかし茶屋」では、オリジナルグッズや上山市のお土産も購入できます。また、敷地内には「上山城の足湯」があり、蔵王連峰を眺めながら自由に入ることができます。
住所
山形県上山市元城内3-7
電話番号
023-673-3660
営業時間
9:00~16:45(最終入館受付)
料金
入館料
大人420円、高校・大学生370円、小・中学生50円
※小・中学生は土曜日無料
所要時間
備考
エレベーター、車椅子用トイレ、車椅子、ベビーカー、ベビーベッドあり
車椅子で入館される場合は事前にお問合せください

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する