小野染彩所(盛岡小さな博物館)

350年の伝統を受け継ぐ文様

小野染彩所(盛岡小さな博物館)
店舗2階に藩政時代からの古い型紙、型の復元パネル、藍染の材料や資料が展示してあり、テープによる工程等の説明を聞くことができます。南部古代型染は、寛永年間、南部家御用染師として京都から招いた蛭子屋三右衛門が裃(かみしも)や鎧下、小袖などに型紙を使って家紋や文様を染めたことに始まります。代々受け継がれた型紙は300種類以上にものぼります。
住所
岩手県盛岡市材木町10-16
電話番号
019-652-4116
営業時間
8:30~18:00
料金
無料
所要時間
30分
備考
見学・体験:有り 店舗2階資料室室見学可能 ※日曜日の見学説明は不可。

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する