浅川の花火(浅川町)

300有余年の歴史と伝統を持つ福島県最古の慰霊花火!!

浅川の花火
 花火と共に受け継がれる伝統がこの町にはあります。
 毎年8月16日、盆の最終日に夜空を彩る花火は江戸時代に始まり、約300年の歴史を誇ります。この地で起きた一揆騒動の犠牲者を追悼するためが起源とされるこの花火は、町の無形文化財に指定されており、福島県内最古の花火とも言われています。 見ごたえのある二尺玉や大小数千発の花火、町の青年会でつくられる仕掛け花火「大からくり」など趣向を凝らした花火が夜空を彩ります。なかでもクライマックスを飾る「地雷火」は圧巻。筒を使わず山頂で炸裂するため、すさまじい爆音を轟かせ、まるで火山が噴火したかのように、扇状の花火が大迫力で降り注ぎます。
住所
福島県浅川町福島県石川郡浅川町大字浅川字背戸谷地
電話番号
0247-36-1183
営業時間
平日 8:30~17:15
料金
所要時間
約2時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する