帆手祭

火伏せを祈念する日本三大荒神輿の一つ“しおがまさまの荒神輿”

帆手祭
奥州一宮の鹽竈神社における早春の神事が、日本三大荒神輿と呼ばれる鹽竈神社帆手祭。元々は正月の神輿洗神事で、火伏祭として始まったものだが、後年海にゆかりのある「帆手祭」と呼ばれるようになり、現在で厄除け、繁栄も祈念して、神輿が市内を御神幸する。享保18年(1733年)から続く伝統あるまつりで毎年3月10日に行われている。最大の見所は、重さ1トンもの神輿が16名の担ぎ手によって、202段もの急な表参道(通称:男坂)を下りる様子である。その緊迫感は、参拝者も思わず息を呑むほど。お帰りの神輿が表参道を上がる様子も迫力満点。500人を超えるきらびやかなお供、稚児行列を従えた市内の御神幸など、港町塩竈が一日中活気にあふれ、市民にとっては、春の風物詩となっている。
住所
宮城県塩竈市一森山1-1
電話番号
022-367-1611
営業時間
本殿祭10:00
神輿ご出発11:30
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する