埋もれ木細工

全国的にも類のない仙台独特の工芸品

埋もれ木細工
「埋もれ木」は約500万年前に地中に埋まった樹木が炭化して化石のようになったものです。江戸時代に仙台藩の下級武士が「埋もれ木」を発見し、種々工夫して皿などを作ったのが「埋もれ木細工」の始まりといわれています。「埋もれ木細工」は「埋もれ木」の風合いを一部に残すのが特徴で、美しい木目と拭き漆による深く美しい艶が埋木細工特有の重量感と気品を生み出します。宮城県知事指定伝統的工芸品(昭和57年12月1日指定)※掲載情報は2020年4月末現在
住所
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字上原54-30
電話番号
022-398-2803
営業時間
9:00~17:00
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する