山元町震災遺構 中浜小学校

東日本大震災の脅威を後世に伝える防災教育施設

山元町震災遺構 中浜小学校
東日本大震災の脅威を後世に伝え、風化防止と防災意識の向上を目的に整備された震災伝承・防災教育施設。2階天井近くまで津波が到達したものの、児童ら90人の命を守り抜いた校舎を被災したままの状態で一般公開しています。津波の脅威を知るだけでなく、映像や展示物などから避難行動を「自分ごと」として捉え、屋上倉庫では避難した一夜を肌で感じることができます。遺構保存の手法や見学体験の工夫などが評価され、2020年度のグッドデザイン・ベスト100、特別賞となるグッドフォーカス賞(防災・復興デザイン)をダブル受賞した震災遺構で、全国各地から見学者が訪れています。
住所
宮城県亘理郡山元町坂元字久根22-2
電話番号
0223-36-8948
営業時間
9時30分~16時30分(最終入館16時)
料金
一般400円、高校生300円、小中学生200円、未就学児無料
(団体20名以上100円引き)
所要時間
備考
受入可能人数
120人程度(120人以上応相談)

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する