野尻交流カフェ「ばんどころ」(「新種のサクラ」も自生)

美味しい空気と豊かな自然に囲まれた「ばんどころ」に心を癒しに来ませんか?

野尻交流カフェ「ばんどころ」
 「ばんどころ」は「野尻いぐする会(野尻町内会)」が運営する一般の方向けの交流カフェです。
 美味しい空気と豊かな自然に囲まれた「ばんどころ」に心を癒しに来ませんか?
 カフェの庭に自生する樹齢約250~270年のサクラは、令和2年4月に公益財団法人「日本花の会」の鑑定の結果、新種の桜と判明しました。
 北海道などの寒冷地に育成自生するオオヤマザクラと同じく、花芽に粘性を持っており通常5枚の花弁が6、7枚混じっており、一般的なヤマザクラに比べ約1.5倍大きい直径約3~4.5cmの淡紅色の花を咲かせます。
 花の会はオオヤマザクラが突然変異したのではと見ています。新種の桜の名称は、野尻地区住民(33世帯)を対象に投票を実施し「秋保足軽紅重(あきうあしがるべにがさね)」に決まりました。
 全国に新種の桜を発信しようと知名度のある「秋保」を冠にはいし、野尻地区がかつて藩境警備にあたった仙台藩の足軽の村であり、花弁が濃い紅色で6~8枚の「八重咲き」が混じっていることにちなみ命名しました。掲載情報は2020年8月現在

住所
宮城県仙台市太白区秋保町馬場字野尻町北25-2
電話番号
佐藤(電話:090-1938-6957)
鈴木(電話:090-6785-2319)
営業時間
4月~12月
土日のみ
10:30~14:30
料金
<メニュー>
野尻オリジナルブレンドコーヒー:400円
そばねっけ揚げ:200円
じゅうねん生チョコレート:200円
<特別メニュー>
手打ちざるそば:800円
手打ち天ざるそば:1,300円 【限定30食】
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する