高湯温泉

東北の秘湯

高湯温泉
標高750mの高原に湧き、蔵王・白布とともに「奥州三高湯」として知られる温泉郷。吾妻の山々に抱かれるように、ひっそりと佇み、江戸時代の開湯時と変わらない「湯」が今も湧き続ける。湧き出たばかりの湯は無色透明、空気に触れることで湯花が発生し、白く濁る。この白濁湯の硫黄泉は薬効成分が高く、神経痛や糖尿病、アトピー性皮膚炎などに効能があるとされている。
【源泉力】高湯温泉の療養効果を検証する実証事業の結果から、高湯の主要源泉全てに、国内でもトップクラスの抗酸化力がある。これは全国的に見ても大変珍しく、しかも、江戸時代の開湯以来約400年以上の間、給湯方法を変えずに引湯させていることは驚くべきことであり、まさに天与の恵みといえる。
【温泉力】開湯以来「源泉かけ流し」にこだわり続けている。地区内にあるすべての浴槽が、自然湧出に加え、機械による汲み上げをせず、地盤の高低差を利用する自然流下式で引湯し、溢れ出た湯はそのまま排出している。「湯の力」を最大限に享受できる最適な方法を、高湯の先達らは自らの身体で実感し、守り伝えてきた。
【地域力】高湯には古くから「一切の鳴り物を禁ず」という慣習があり、療養目的のため歓楽的な遊びなどを禁じてきた。また、この地に相応しくない大規模開発を行わず、山峡の静かな環境を現在も守り続けている。地域全体で吾妻の自然を尊び、湯を受け継いできたからこそ、開湯時と変わらない「高湯温泉の姿」が今もある。
吾妻山中腹にあり、トレッキングや磐梯吾妻スカイラインのドライブ、福島市内観光などに最適な場所。宿ごとに趣向異なる露天風呂や、湯治湯の面影を残す内湯など、「湯」そのものを贅沢に楽しむことができる。
住所
福島県福島市町庭坂字高湯25番地
電話番号
024-591-1125
営業時間
9:00~17:30
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する