月山

死後からの甦りを司る霊山で絶景トレッキング

月山
山岳信仰の場とされた「出羽三山」。羽黒山、月山、湯殿山という3つの山の総称です。羽黒山は現世の、月山は前世の、湯殿山は来世の幸福を願う地とされることから、出羽三山の旅は「生まれ変わりの旅」と言われています。「西の伊勢参り、東の奥参り」という言葉もあり、一生に一度は参拝するべき場所として有名です。出羽三山の主峰である「月山」は月読命(つきよみのみこと)を祀り、月を象徴する神として死後の世界からの蘇りを司っています。
霊山である一方、「日本百名山」「花の百名山」のひとつでもあり、ゆるやかな稜線上で花々や眺望を楽しめる名山。夏スキーができるほど積雪のある山ですが、夏の短い開山期間はクロユリやオゼコウホネなど希少な高山植物が咲き誇り、9月半ばには早くも山肌いちめんの紅葉が。8合目まで車やバスで行き、そこから山頂までのなだらかな道を行く「羽黒コース」がハイカーたちに人気です。8合目駐車場から山頂まで片道3時間強、標高差は約500m。弥陀ヶ原湿原の遊歩道、「行者返し」と呼ばれる岩場を過ぎて辿り着く、標高1,984mの山頂からの眺めは、遠く日本海を望む大パノラマが広がる絶景!
山岳信仰の場として栄えた月山では、今もなお白装束で登頂する人々が少なくありません。頂上の月山神社本宮内は古来より特別な神域につき、撮影禁止。参詣にあたっては宮司さんにお祓いを受ける必要があります。前世に想いを馳せ、死後の安楽と往生を祈りましょう。
住所
山形県東田川郡庄内町立谷沢字本澤31(月山神社)
電話番号
023-647-2333
営業時間
開山期間 7月1日〜9月15日
料金
御祓料:500円
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する