秋保温泉

自然豊かな観光スポットが充実の温泉

秋保温泉
仙台の奥座敷として親しまれ、開湯1500年を誇る秋保温泉。6世紀に第29代欽明天皇の皮膚病を治したとされ、別所温泉、野沢温泉とともに「日本三御湯」と称されます。また、伊達家の御殿湯としても知られ、政宗公や歴代藩主も足を運んだとされています。
温泉は無色透明、無味無臭、湯冷めしにくいのが特徴で、名取川に沿って魅力的な宿が建ち並びます。仙台駅前からバスで最短30分と好アクセスな立地にあり、日帰りプランも充実しています。足湯や共同浴場もあるので、仙台を訪れた際にちょっと足を延ばして行くことができます。
周辺の観光スポットも充実。磊々峡(らいらいきょう)は川の水に浸食されできた奇岩が美しい渓谷。一緒に見た二人は幸せになれると噂の「覗橋ハート」は恋人の聖地に認定されています。大切な人と橋の上から一緒に覗いてみてください!
55mの高さから落ちる「秋保大滝」は迫力満点。自然に癒されながら散策できる「二口峡谷」や景勝地「磐司岩」など豊かな自然を楽しめます。
「秋保工芸の里」では宮城の伝統工芸品とその技を体感できるほか、秋保観光の拠点として利用できる「秋保・里センター」、築160年の古民家を再生した「アキウ舎」などもあります。
紅葉シーズンに色づく木々を眺めながら露天風呂に入るのも贅沢な過ごし方。自然に囲まれた温泉地で癒されてみませんか。
住所
宮城県仙台市青葉区秋保
電話番号
022-304-9151
営業時間
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する