中尊寺

豪華絢爛!黄金に輝く金色堂

中尊寺
2011年に世界文化遺産に登録された「平泉の文化遺産」。中尊寺は、黄金に輝く豪華絢爛な「金色堂」が有名ですが、「弁慶堂」「薬師堂」「本堂」など他にも見どころがいっぱいです!
850年に高僧慈覚大師円仁によって開山された中尊寺。12世紀初めより、奥州藤原氏初代清衡が大規模な堂塔の造営にとりかかりました。戦乱で家族を失った清衡が仏の教えによる平和な理想社会への願いを込めたとされています。金の産地として栄えた平泉は、二代基衡、三代秀衡と続き、四代泰衡が源氏に滅ぼされるまで100年近く繁栄しました。国宝建造物第1号の金色堂には螺鈿細工や透かし彫り、漆の蒔絵など、当時の工芸技術が結集。「讃衡蔵」には、仏像をはじめとする貴重な文化財が収められています。東日本を代表する仏教美術の宝庫として、奥州藤原氏の栄華とともに歴史を今に伝えています。
春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪、建物と自然が織りなす四季折々の姿も魅力です。
平泉をめぐるには、巡回バスかレンタサイクルの利用が便利。巡回バス「るんるん」はJR平泉駅を起点に、一周約20分で、中尊寺や毛越寺など主要観光地を巡ります。レンタサイクル「りんりん」もJR平泉駅から徒歩圏内で貸し出しをしているので、駅の観光案内所にお問い合わせください。
住所
岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
電話番号
0191-46-2211
営業時間
3月1日~11月3日 
8:30~17:00 

11月4日~2月末日
8:30~16:30
料金
金色堂・讃衡蔵・経蔵・旧覆堂【通常拝観料金】

大人800円 
高校生500円 
中学生300円 
小学生200円
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する