定義如来西方寺

平家ゆかりの阿弥陀如来「定義さん」

定義如来西方寺
「定義(じょうぎ)さん」の名で親しまれる平家ゆかりの寺。正式名称は浄土宗極楽山西方寺。昔から多くの方たちの心の拠り所となってきた庶民信仰のお寺です。
今から約800年前、壇ノ浦の戦いに敗れた平家の一族である平貞能(たいらのさだよし)は、阿弥陀如来の御霊像を守りつつ、追っ手を逃れて命からがらこの地に隠れました。その際に名を「定義(さだよし)」と改めたことが、この地を「定義」、如来様を「定義如来」と呼ばれる由縁と言われています。
敷地内には、平貞能公への報恩感謝とそのご供養と、人類の恒久平和を祈念するシンボルの塔として五重塔が建立されました。3月から11月の毎月7日は、五重塔祭典日で御開帳となっています。五重塔の中に入ることはできませんが、正面よりご本尊、阿弥陀如来を拝むことができます。
参拝の帰りは、門前町でたくさんあるお店を冷やかしながら歩くのも楽しいもの。「三角あぶら揚げ」や「焼きめし」などの定義名物をご賞味ください。
住所
宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
電話番号
022-393-2011
営業時間
7:00~16:30
料金
無料
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する