白石川堤一目千本桜

「東北の春」の原風景 お花見屋形船や夜桜も

白石川堤一目千本桜
蔵王連峰を背景に白石川の堤防約8kmに渡り1000本以上が咲き乱れる、ソメイヨシノを中心とした桜並木「一目千本桜」。白石川の澄んだ青色、千本桜の華麗な桃色、蔵王連峰に残る雪の白色、これら三層が織り成す景色は、この地でしか見ることのできない絶景。日本さくらの会より「さくら名所百選の地」に認定されています。
例年の見頃は4月上旬から中旬。春風に揺れるピンクのトンネルも美しいですが、日が落ちた後のライトアップした夜桜も幻想的。そして、「お花見屋形船」から桜を眺めるのも、また一興。水上から見る白石川堤の風景は、視界の広がりを感じることができるはず。「おおがわら桜まつり」の会場から下流の韮神堰までの約2kmを往復30分、ゆっくり運航します。
桜が見ごろの間は、JR東北本線大河原駅~船岡駅間で徐行運転がされるので、車窓からもお花見を楽しむという手も。
住所
宮城県柴田郡大河原町・柴田町白石川堤
電話番号
①0224-53-2659
②0224-55-2123
営業時間
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する