曹洞宗金剛宝山 輪王寺

三重塔と回遊式日本庭園の美しさは格別!

曹洞宗金剛宝山 輪王寺
聳え立つ三重塔がフォトジェニックな輪王寺禅庭園は、東北有数の名園として知られています。春から夏にかけてはサクラ・アヤメ・アジサイ・蓮などの花々が、秋は華やかな紅葉が、冬は雪吊りに囲われた松の木が、庭園の美しさを際立たせます。四季折々の自然の変化が趣深く、私たちの心に深い安らぎを与えてくれます。
三重塔には、仙台市指定有形文化財「釈迦如来坐像」が祀られており、毎月1日と15日に御開帳となります。自然石を使用し建立された高さ7.8メートルの五重塔には、戦死者慰霊のため般若心経2600巻が埋蔵されています。
坐禅堂があり、毎週土曜日18時30分~20時に開催される無料の座禅会は一般参加OK。曹洞宗における坐禅は「只管打坐」(ただひたすらに座ること)です。何事にもとらわれることなく、身と心をひとつに坐ってみてください。
住所
宮城県仙台市青葉区北山1-14-1
電話番号
022-234-5327
営業時間
8:00~17:00
料金
拝観料:300円(小学生未満無料)
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する