磊々峡

峡谷美を愛でて、ハート型の岩のくぼみを探せ!

磊々峡
磊々峡は、名取川の流れがひときわ狭くなる秋保温泉湯元付近にある渓谷。秋保温泉街の入口にある「覗橋」を中心として上下約1kmの長さにわたり、岩を削る急流と迫力ある岩々が続きます。渓谷の深さは最大で20mとダイナミック。
下流側は渓谷沿いに遊歩道があり、往復1~2時間程度の散策を楽しめます。「八間巌(はちけんいわ)」「鳴合底(なりあいそこ)」「鬼面巌(きめんいわ)」「時雨滝」「三筋滝」などの奇勝や渓谷美に出会えます。
新緑・紅葉の時期は一段と美しく、渓谷沿いの木々の葉の鮮やかな色が水面に映え、見る者の目を楽しませてくれます。10月下旬から11月中旬にかけてはライトアップイベントがあります。点在する光のオブジェ作品を愛でながら、夜の渓谷沿いを散歩してみてはいかが?
また、覗橋の欄干からから眺めるハート型のくぼみが「恋人の聖地」として認定されました。是非ハート型を探してみてくださいね。
住所
宮城県仙台市太白区秋保町湯元
電話番号
022-398-2323
営業時間
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する