牡蠣漁師とめぐる乗船・養殖筏(気仙沼観光コンベンション協会)

口いっぱいに広がる幸せの味。森、海、人が育む気仙沼の牡蠣養殖体験

牡蠣漁師とめぐる乗船・養殖筏
世界三大漁場のひとつ・三陸沖。海と山、それぞれの恩恵を受ける気仙沼・唐桑の牡蠣は「もまれ牡蠣」と呼ばれ、約3年かけて育てられる。幾度も津波の被害を受けながらも、立ち上がり「海とともに」生きてきた漁師たちがつくる最高の牡蠣は、加熱しても縮まらず、大きさ・濃厚さを誇る。体験では、実際に乗船し漁場を見学しながら、独自の養殖方法を学び、ひとつひとつの牡蠣に込められた想いを知る。ウミネコのえさやり体験も可。
住所
宮城県気仙沼市宮城県気仙沼市唐桑町鮪立241-6
電話番号
0226-22-4560
営業時間
8:00~17:15
料金
大人 9,800 円/人 小学生 8,800 円/人 未就学児無料
※対象年齢、価格を調整中です。
所要時間
1.5時間
備考
定員12 名(最少催行人数 4 名)

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する