旅東北

秋田

ジャンル: グルメ

旅NEWS郷土料理の宝庫、秋田!

全国屈指の米どころ、秋田県。名産のあきたこまちは、甘味やうま味、粘りのバランスがよく、全国的にも高い人気を誇ります。そんな米どころ秋田では、地酒だっておいしいのは当たり前。今回は、地酒のおともに、もちろんお酒を飲まない方でも楽しめる「絶対に食べたい!秋田のグルメ」を厳選。ぜひ秋田へ行ったら全種制覇を目指してみてくださいね!

①きりたんぽ


米どころならではの、ソウルフード。
今では全国区となったきりたんぽ。つぶしたお米を杉の棒の先端から包むように巻き付けて焼いたたんぽ餅を、棒から外して食べやすく切ったことから「きり」たんぽ、と呼ばれるようになりました。

きりたんぽはそのまま醤油を付けて炭火で焼き、香ばしく食べるもよし!甘いみそをつけて食べる「みそたんぽ」もよし!!きりたんぽ鍋にしておいしいスープがしみたふわっとした食感を楽しむもなおよし!!!

「最近、きりたんぽはスーパーで売っているよねー」

と思ったあなた!!!

確かに、おいしい。しかし、地元で食べるできたてのきりたんぽは、触感も味もさらに上をいっています。なんたって、お米を握る「ちょうどいい圧」を地元の人は知っているから。ぜひ、「秋田」で味わっていただきたい!

②稲庭うどん

高級料亭でも出される、究極のうどん。秋田県南部を中心に製造されている稲庭うどん。小麦、塩、水の3つの材料だけで手延べの技でのみで作られ、日本三大うどんのひとつに数えられています。

 

少し黄色味かかった色をしていて、打ち粉としてデンプンを使う点や、平べったい形状が特徴となっています。なめらかな食感が一番の特徴ですが、その理由は“ひねりながら練る”という独特の製法によるもの。3時間もの間ひねることで気泡が生じ、うどんに空気の穴ができるのです!!初めて食べた時、絹かと思いました(笑)


茹でて水で洗った稲庭うどんは、オーソドックスにつゆと薬味でいただくほか、
最近ではレッドカレーやグリーンカレーなどのつけ汁と合わせる食べ方も人気なのだとか。絶対にあう!!!!

自分だけのお気に入りをぜひ、秋田で見つけてはいかが?

③ババヘラアイス

秋田の夏の風物詩!秋田のスイーツと言ったら、地元っこが声をそろえてオススメしてくれるのが、ババヘラアイス。

主に路上で販売されているアイスで、イチゴ味のピンクとバナナ味の黄色という、乙女心を誘うカラーリングもまた魅力のひとつ。


秋田では親しみを込めて、おばあさんのことを「ババ」と呼ぶそうで、
その「ババ」が金属製の専用ヘラでアイスを盛り付けて販売していたことから「ババヘラアイス」と呼ばれるようになったのだとか。秋田で車を走らせてみてください。黄色いパラソル、ほっかむりをつけたお母様方にたくさん出会えます。


通常の盛り方のほか、時折、花のバラの形態に似せて盛る「バラ盛り」などの飾り盛りを巧みとする「名人のおばさん」もいるそう^^
暑い夏にぴったりのアイスです!!

④もろこし

「とうもろこし」じゃないよ、「もろこし」だよ。久保田藩主お墨付きの上品な干菓子もろこし。

一般的に、干菓子は米粉を材料としますが、秋田の銘菓である「もろこし」は、あずき粉を使用しています。あずきの粉と上白糖のシンプルな甘み、だけど口に入れてホロホロと溶けていく優しい味わいがたまらない。ついついもう一個、もう一個と食べてしまうもろこし。お茶と一緒にいただくと、なんだか懐かしいゆったりした気持ちになります。小さな型はユーモラスだったり雅だったり、その見た目も愛おしいですね。かわいい形のものもあるので、お土産にもぴったり!お気に入りを見つけてみてください♪

⑤比内地鶏

噛むほどに味わい深い比内地鶏!

う~、おいしそう!!!秋田の名物「きりたんぽ鍋」や、親子丼など、比内地鶏料理はたくさんあります^^比内地鶏は、噛みごたえのある肉質、肉の味の濃さ、上質な脂の旨味などが特徴で、特にきりたんぽ鍋との相性は抜群です!出汁の味や香りの良さもさることながら、ぷりぷりとした味わい深い肉も一度食べたら忘れられない美味しさ。もちろん、焼き鳥も Good!

ジューシーでしっかりした肉の味はいくらでも食べられそう。卵もしっかり自己主張してくれるので、親子丼も最高ですね。いつもの鳥料理とは違う、パンチの効いた比内地鶏をご当地秋田で食してみては?


秋田“鉄板”の味、
いかがでしたか?
今回は秋田の地元っこが愛してやまない鉄板グルメを5つご紹介しました。このほかにも、B級グルメの「横手やきそば」や日本海沿岸部で愛されている「しょっつる」を使ったグルメ、今や高級魚となった「はたはた」など、秋田にはまだまだおいしいグルメがいっぱい!ぜひ、いろいろトライしてみてくださいね!

PAGETOP