<紅葉スポット 北東北編>青森屈指の紅葉スポット4選

本州の中で1番早く紅葉の見ごろがやってくる北東北。その中でも、圧巻の景色を楽しめる青森県内の下記紅葉スポットについてご紹介します。

■奥入瀬渓流

■八甲田山

■中野もみじ山

■弘前城


秋田県と岩手県内の紅葉スポットは<続・北東北編>を、宮城県・山形県・福島県の紅葉スポットは<南東北編>をご覧ください。

【青森】奥入瀬渓流

ミシュラン・グリーンガイドで二つ星に選ばれた東北随一の観光名所、奥入瀬渓流。約14km続く渓流は、どこを歩いても絶景の連続。バスや車でビュースポットをめぐるのも良いですが、時間と体力が許せばぜひ歩いて散策を。自然で作られた緑のトンネルや遊歩道を散策すれば、澄みきった森の空気や、木漏れ日にきらめく水面、表情豊かな清流、葉や苔の可愛らしさなど、自然が織りなす美しさをあますことなく堪能できます。

紅葉の見ごろは例年10月下旬~11月上旬。赤や黄色に染まった木々と躍動感のある渓流や滝とのコラボレーションは圧巻の景色です。


行き方: JR青森駅から十和田湖行きのバスに乗り、焼山で下車。 11月から4月まではバスは運行していません。

【青森】八甲田山

大岳、赤倉岳を中心とする北八甲田連峰と、櫛ヶ峰、駒ヶ峰、乗鞍岳を中心とする南八甲田連峰からなる八甲田山。北八甲田連峰は登山道も整備され、ロープウェーを利用すれば気軽にトレッキングを楽しめるコースもあります。八甲田ロープウェーは年間を通じて運行されており、片道約10分で田茂萢岳(たもやつだけ)の山頂公園駅に到着。気軽に楽しめる30分程度の散策コースから約4時間の登山コースまで、いくつかある山歩きルートから好みのものをチョイスできます。

紅葉の見ごろは例年9月下旬~10月中旬。天候に恵まれれば、山並みだけでなく、青森市街地や陸奥湾、津軽半島、下北半島、岩木山などを見渡すこともできます。


行き方: 青森駅から八甲田山行きのバスへ乗車; 八甲田ロープウェイに到着するまでの所要時間は約55分。

【青森】中野もみじ山

黒石市の中野もみじ山の紅葉は、青森県でも屈指の名所。1802年(亨和2年)に弘前藩主津軽寧親(つがるやすちか)公が、京都から100種類の楓苗を取り寄せ移植したのが始まりという、歴史的な紅葉狩りスポットです。日中は紅葉が燃えるような紅に彩られ、夜間はライトアップが滝と渓流に映え、幻想的な空間が演出されます。

山の麓にある「中野神社」付近は、紅葉時期になるとライトアップなどのイベントが催され、賑わいます。夜桜ならぬ夜もみじをお楽しみください。


行き方:弘南鉄道黒石駅から乗り継ぎバスで中野神社前下車後、徒歩約10分。

【青森】弘前城

弘前公園では、毎年秋になると「紅葉まつり」と「菊まつり」が開催され、木々が鮮やかに染まり、豪華絢爛な菊人形が並びます。丹精込めて造られた大輪、中輪、懸崖などの香り高い菊花が見事に咲き競い、古城の秋を演出します。公園内には美しい紅葉スポットがあり、深まる秋を感じることができるでしょう。

紹介したスポットをマップで見る

  • 【青森】奥入瀬渓流
  • 【青森】八甲田山
  • 【青森】中野もみじ山
  • 【青森】弘前城

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • <紅葉スポット 北東北編>青森屈指の紅葉スポット4選