秋の人気スポット:東北南部

夏から秋にかけての変化を楽しむには、景色の良いハイキングやクルーズに出て、紅葉を楽しむのが一番です。 日本、特に東北地方には、どこででも最高の紅葉がみれます。

日本北部の東北地方は、日本を訪れる多くの旅行者にとって隠された探訪のひとつです。 東京、京都、大阪を結ぶよく旅で行くところからは反対の方向になりますが、日本がお勧めする最高の観光スポットがいくつもあります。

東北北部の美しい紅葉を見るのに最適な場所は次のとおりです。東北北部 の他のスポットをご紹介するページもお見逃しなく。

鳴子峡 宮城

大谷川に浸食されてできたこの深さ100メートルの峡谷は、一年中壮大な自然の景観を楽しめます。 しかし、10月中旬から11月中旬にかけて、あかね色の峡谷と金色に染まる紅葉が多くの人を魅了します。 大谷橋を入れた素晴らしい写真で、自然と人工の美しいコントラストを写しましょう。


鳴子峡レストハウスからわずか2キロメートルの鳴子峡大深沢遊歩道を訪れて、秋の鮮やかな色で本当に夢中になる散歩をお楽しみください。 風が吹けば、澄んだ小川のまわりで葉がざわめきます。 ゆっくりと45分で終わる美しい渓谷の散歩をお見逃しなく。 遊歩道は午前9時から午後4時までですが、11月末から4月までは閉鎖されます。


行き方: 秋は鳴子温泉からシャトルバスが運行。 中山平温泉駅または鳴子温泉駅から徒歩35分。

円通院 宮城

お寺で秋の鮮やかな色どりを堪能するより他に静かなことはありません。 円通院は、伊達光宗の遺骨を収めるために、松島の瑞巌寺の隣に建てられました。 この寺は19歳の光宗の早すぎる死を悼んで建てられましたが、今日では素晴らしい庭園と紅葉で有名です。


毎年10月下旬から11月下旬にかけて紅葉のまばゆいイルミネーションがあります。 わずか500円で、夜の散歩をしながら、落ちいた雰囲気の中でライトアップされた紅葉を楽しむことができます。 ライトアップイベントは、毎晩午後5時30分から午後9時まで行われ、気分をリフレッシュし穏やかにしてくれます。


行き方: JR松島海岸駅から徒5分。

山寺 山形

神秘的な杉の森をハイキングして、この見事な山頂の寺へ行きましょう。 1000段の階段は、暖かい紅葉に覆われた山々を見たい人を頂上まで招きます。 860年に建立された立石寺(山寺の正式名称)は、その美しさと素晴らしい眺望で有名です。


山が実際に色づいて明るくなるので、写真家なら特に充分に山を楽しめるでしょう。 山寺の頂上に到着すると、五大堂から渓谷を流れる立谷川の絶景を堪能できます。 内部へ足を踏み入れると、天井の梁に貼り付けられたさまざまな千社札のお札にも気づくでしょう。それらには、江戸時代にさかのぼる参拝者のさまざまな名前が記録されています。


旅の帰り道では、山のふもとにある根本中堂をお見逃しなく。ここには、1000年もの間絶え間なく灯され続けてきたとされる不滅の法灯が収められています。


行き方: 麓の寺まではJR山寺駅から徒歩7分です。 ハイキング自体は約30分続きます。

山形県総合運動公園

検討の価値があるこの秘密のスポットは、すでにこの地域にいるなら山寺からそれほど遠くないところです。 観光客の観光リストに欠かせないものではありませんが、秋の時期には見事です。 山形県総合運動公園 は、黄色いイチョウの木が広がっているため、美しい景色を楽しめます。

長床の大イチョウ 福島

秋の色合いと活気に満ちた自然で有名な福島県。 県内にはたくさんのイチョウがあり、数えきれないほどの観光地に自然の輝きを添えています。 喜多方市にある新宮熊野神社では、境内にある古く霊的な寝殿造りの建物とともに、県内で最も崇拝されている木を見ることができます。 樹齢800年の美しいイチョウの木は毎年秋に見頃となり、茅葺き屋根にぴったりマッチします。 それはすばらしい光景であり、日本の自然に対する魅力と崇拝を象徴しています。

紹介したスポットをマップで見る

  • 鳴子峡 宮城
  • 円通院 宮城
  • 山寺 山形
  • 長床の大イチョウ 福島

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • 秋の人気スポット:東北南部