東北の冬の祭り その2

雪深い東北地方ならではの魅力的な冬のイベントをご紹介します。凍えた体を温める極上の温泉や、その土地ならではの郷土料理や銘酒と共に東北の数々の冬の祭りを楽しんでみませんか。

遠野どべっこ祭り

岩手県遠野市は「民話のふるさと」として知られています。ここの「遠野ふるさと村」で毎年晩秋から翌年3月にかけての週末などに行われているのが「遠野どべっこ祭り」です。「どべっこ」とは、遠野の造り酒屋が祭りのために、特別に仕込んだ昔懐かしい濁り酒のこと。どべっこを飲みながら、鴨ひっつみ・ヤマメ・おでん・焼き餅など、山里の味覚を楽しむお祭りです。

花巻スカイランタンフェスティバル

毎年1月と2月に数回開催されるスカイランタンフェスティバルは、花巻市内の鉛温泉スキー場で開催されます。地元の人々や観光客の願いを込めた何百ものランタンが、宮沢賢治も眺めた花巻の夜空に一斉に上がり、冬の夜空を照らします。 美しく幻想的な光景を見に来ませんか。

おぢや風船一揆

真っ白な雪原にカラフルな熱気球が浮かぶ「おぢや風船一揆」は、毎年2月下旬に開催される小千谷の冬の風物詩です。本州唯一、雪上で開催される熱気球大会「日本海カップ・クロスカントリー選手権」を兼ねたイベントで、毎年全国から約40チームが参加する国内最大級の大会です。

初日の夜には気球の上空に花火が打ち上げられる「グローバルーンフェスティバル」も実施され、会場となる雪原には、ろうそくの火を灯した雪灯篭が置かれ、幻想的な世界を楽しむことができます。

十日町雪まつり

「雪を友とし、雪を楽しむ」という地元住民の想いから生まれた「十日町雪まつり」。日本で最初に住民が主体となって雪まつりを行ったことから、十日町市は、「現代雪まつり発祥の地」として知られています。

「雪玉サバイバルゲーム」や「雪上チャンバラ」など本気の雪遊びが楽しめるプログラムのほか、謎解きゲームや宝探しなど、子どもから大人まで楽しめる雪上アクティビティが体験できるエリアもあります。

上桧木内紙風船上げ

江戸時代に始まった秋田県仙北市の西木地区で開催される上桧内紙風船上げは、毎年2月10日にその年への新たな思いや願いを込め、天に声が届くようにと、武者絵や美人画などが描かれた巨大紙風船を真冬の夜空に打ち上げるイベントです。灯火を灯した100個あまりの紙風船が真冬の夜空に舞い上がるのは幻想的な光景。紙風船は、熱気球のように空気を熱して、18:00から20:30まで随時打ち上げられます。

紹介したスポットをマップで見る

  • 遠野どべっこ祭り
  • 十日町雪まつり
  • 上桧木内紙風船上げ

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • 東北の冬の祭り その2