東北の冬の祭り その3

日本の本州の北部に位置する東北地方は、魅力的なエリアです。 東京から新幹線で数時間ですが、本当の日本を探求する訪問者には価値のある時間です。 ユーチューブや雑誌で知る日本ではなく、実際の人々が住み、故郷と呼んで誇りに思っている日本です。 何世紀にもわたり讃えられてきた極上の郷土料理や素晴らしい酒、祭りが開催される地域です。 東京や京都ではありませんがしかし、ここの人々はとても暖かく、寛大であり、大昔からの文化が厳格な保存と気配りで生き続けていて、無限に価値があるものになるでしょう。

大崎八幡宮 どんと祭

日本人は大浴場から温泉などに入る以外で裸になるのは好みませんが、たくさんの祭りが全国的にあり、そこでは地元の道を歩く半裸の人々が関わっています。 宮城県の大崎八幡宮どんと祭りに話を進めます。 善良な町民が集まり、悪運を払い、幸運を祈った後、八幡宮に向かって半裸で町を練り歩き、清めの儀式を行います。 少し風変わりですが、国内外から人が集まるにぎやかで活気あふれるお祭りです。 たこ焼きや焼きそば、軽食、温かい日本酒など、数え切れないほどの素晴らしい料理もたくさんあります。 それは、間違いなく祭りの目玉であり、ほぼ間違いなく忘れることは無いでしょう。

大館アメッコ市

毎年2月の第2週末におおまちハチ公通りで大館アメッコ市が開催され、秋田県がお菓子を祝う色鮮やかな祭りです。 地元の方言(「アメッコ」は地元の「飴」、またはお菓子)を学びながら、カラフルな「飴の枝」の下にある多くの菓子の露店を探索します。飴(想像できる限りのあらゆる種類の)、パレード、民謡、 たくさんの舞踊。 主なイベントには、白ひげ大神巡行や秋田犬パレードなどがあり、北日本の旅行にぴったりです。

横手かまくら 雪まつり

横手かまくら雪まつりは、毎年何百もの雪のドームが毎年ライトアップされる450年の伝統を誇るお祭りです。 秋田県横手市で開催されるかまくら(雪のドーム)は、冬祭りのシンボルです。 かまくらを作ることは、神道の水の神である水神を崇拝することから始まりました。 それぞれのかまくらの内部には、水神を称え、一年の収穫の豊穣を祈るために小さな空間が設けられています。 現在、横手かまくらまつりは、雪像や名物の屋台、イルミネーションを楽しむことができる、活気あふれる2日間のイベントです。 日が沈んだ後は、横手川沿いの何百ものライトアップされた雪のイグルーランタンが見ものです。

仙台光のページェント

仙台市の冬のイルミネーションイベント、仙台光のページェントは、定禅寺通りで毎年開催されるライトアップです。 百以上のケヤキの木が美しい光で装飾され、エリア全体に魔法のような冬の輝きを与えます。 このイベントは、仙台光のページェントとしても知られ、長い歩行者通り沿いの印象的なライトの装飾にちなんで名付けられました。 東京の他のイルミネーションイベントと比較して、仙台光のページェントははるかに広々としており、混雑していません。 したがって、十分な写真撮影スペースを探している場合、または光の中で夜の散歩を楽しみたい場合には、この冬の仙台市を訪れてください。

弘前城 雪燈籠まつり

青森は、県全体に雪が降り積もって、冬景色が楽しめるので、冬は特に美しいところです。 素晴らしい弘前城一帯が一面にライトアップされ、無数の燈籠が灯る荘厳な冬のワンダーランドは、毎年何千人もの観光客が訪れます。 この祭りでは、プロジェクションマッピングと音楽を利用して、北日本での素晴らしい冬の体験を締めくくっています。

紹介したスポットをマップで見る

  • 大崎八幡宮 どんと祭
  • 大館アメッコ市
  • 横手かまくら 雪まつり
  • 仙台光のページェント
  • 弘前城雪燈籠まつり

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • 東北の冬の祭り その3