フォトジェニック!桜を見るならココ!6選

東北には、残雪とともに楽しむ満開の桜、名城や雄大な自然を背景に楽しめる桜など、桜の名所が目白押し。 各地で桜まつりが開催され賑わいます。陽光の下の桜が美しいのはもちろんのこと、ライトアップされた夜桜も幻想的な美しさ。 この記事では各県から1つずつ、イチオシのお花見スポットをご紹介。例年4月上旬から5月上旬頃までが見頃です。

弘前城 青森

青森県の弘前城は、江戸時代に建造された天守などが現存し、国の重要文化財に指定された全国有数の観光スポットです。その城を囲む弘前公園は、華やかな桜で全国的に有名で、「日本三大桜名所」のひとつとして知られています。 例年、4月下旬~5月上旬の開花時期にあわせ、日本一の呼び声高い「弘前さくらまつり」が催され、 国内外から多くの人々で賑わいます。外濠の水面を花びらが流れていく 「花筏」は〝桜のじゅうたん〟とも呼ばれ、桜の花びらで埋め尽くされた様子はまさに絶景です。

角館 秋田

江戸時代に栄えた城下町で、「みちのくの小京都」と呼ばれる角館。桜の名所として名高く、見頃となる4月下旬から5月上旬は多くの人で賑わい、桧木内川の川岸は、2kmに渡りソメイヨシノでピンクに染まります。また、武家屋敷の黒塀には約400本のシダレザクラが並び、そのうち162本が国の天然記念物に指定されています。

毎年恒例の「角館桜まつり」は、武家屋敷通りのライトアップや特設舞台での伝統芸能やコンサートなど、さまざまなイベントが催されます。桜の花びらに囲まれた見事な川岸に腰をおろし、花見を楽しみませんか。

北上展勝地 岩手

岩手県で有名な北上天勝地は、壮大な桜の名所として全国的に知られている公園です。約150種類の桜が1万本以上咲き誇る東北屈指の春の名所で、珊瑚橋から北上川右岸に約2km続く桜並木は、青森県の弘前、秋田県の角館と並んで「みちのく三大桜名所」のひとつにも数えられています。 

「北上展勝地さくらまつり」は毎年4月上旬から5月上旬にかけて開催され、北上川沿いの桜並木を眺める多くの花見客を魅了します。夜はお酒を楽しみながら夜桜を楽しみましょう。地元の珍味や焼きそば、たこ焼きなどの屋台も出ています。

白石川堤一目千本桜 宮城

蔵王連峰を背景に白石川の堤防約8kmに渡り1000本以上が咲き乱れる、ソメイヨシノを中心とした桜並木「一目千本桜」。白石川の澄んだ青色、千本桜の華麗な桃色、蔵王連峰に残る雪の白色、これら三層が織り成す景色は、この地でしか見ることのできない絶景。例年の見頃は4月上旬から中旬。春風に揺れるピンクのトンネルも美しいですが、日が落ちた後のライトアップした夜桜も幻想的。そして、「お花見屋形船」から桜を眺めるのもおすすめです。

山形城址/霞城公園 山形

東北屈指の戦国大名・最上義光公が築き上げた名城「山形城」は国の史跡・日本100名城に選定されており、第二次世界大戦後は霞城公園として一般公開されています。山形城跡を有する霞城公園は約1,500本の桜が咲き誇り、堀の水は花びらの数だけピンク色に変わります。桜の季節は東から南濠沿いの桜がライトアップされ、見事な美しさを堪能することができます。

花見山公園 福島

1959年に開園した福島市にある花見山公園は、桜や梅だけでなくレンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモなどが一斉に咲き誇る花の名所です。その花々の咲き誇る姿は見事で、まさに桃源郷のよう。

花見山公園は花木農家の畑で、コンクリートなどで舗装された道ではないので、歩きやすい靴でご来場ください。

高田公園 新潟

日本三大夜桜の一つに数えられる高田公園の桜。高田城と桜の組み合わせに日本情緒が漂います。 高田公園をめぐる広大な内堀と外堀をはじめ、その周辺には約4000本のソメイヨシノが咲き誇ります。残雪の妙高山を背景に咲く桜並木は絶景!桜のトンネルのような「さくらロード」も素敵。夜はぼんぼりが灯り、淡いピンクが妖艶な夜桜へと変わります。ライトアップされた桜と高田城三重櫓、そして桜がお堀の水面に映る様も、幻想的でフォトジェニックです。

紹介したスポットをマップで見る

  • 弘前城 青森
  • 角館 秋田
  • 北上展勝地 岩手
  • 白石川堤一目千本桜 宮城
  • 山形城址/霞城公園 山形
  • 花見山公園 福島
  • 高田公園 新潟

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • フォトジェニック!桜を見るならココ!6選