なまはげ柴灯まつり

幻想と迫力!松明かざしナマハゲが!

「泣ぐ子はいね~がー」恐ろしげな仮面と藁(ワラ)の衣装をまとったナマハゲ。秋田県の男鹿半島に残る民俗行事としてあまりにも有名です。現在は大晦日で定着していますが、かつては旧暦の小正月の行事でした。この「なまはげ柴灯(せど)まつり」は、旧暦・小正月に近い2月上旬に、神事の「柴灯祭」と組み合わせて行なうものです。松明をかざしたナマハゲが雪山から降りてくる幻想的な光景、境内を練り歩くナマハゲの迫力。必見です。

エリア
秋田県
白神・男鹿
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
秋田県男鹿市北浦真山水喰沢
ウェブサイト
https://oganavi.com/sedo/
開催日
2019年2月8日~2019年2月10日
開催場所
秋田県男鹿市北浦真山水喰沢

問い合わせ先

問い合わせ先
なまはげ柴灯まつり実行委員会
電話番号
0185-24-9141

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

山寺(宝珠山立石寺)
詳細はこちら
男鹿真山伝承館
詳細はこちら