弘前さくらまつり

弘前城のお濠が桜の花びらで一面ピンクに埋め尽くされる

弘前公園の桜は「日本三大桜名所」のひとつ。例年、4月下旬~5月上旬の開花時期にあわせ、日本一の呼び声高い「弘前さくらまつり」が催され、国内外から約200万人が桜を愛でに訪れます。


1715年に津軽藩士が25本の桜を京都から取り寄せたといわれ、ソメイヨシノを中心に、シダレザクラ、八重桜など、約50種類、2600本程の桜が植えられています。満開時には枝いっぱいの桜の花が重みで枝が垂れ下がり、間近で桜を眺められます。


弘前城の外濠では鏡のような水面に両岸の桜が映り込み、絢爛な美しさ。ここの桜は散った後もさらに人々を魅了することで有名です。濠の水面を花びらが流れていく「花筏」、濠を花びらが埋め尽くす「桜の絨毯」が、人気のfacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれ、話題になりました。ライトアップされた夜桜も幻想的。華やかな桜と天守を有する弘前城とは和の情趣あふれる風景です。


西濠の300mに及ぶ「桜のトンネル」も絶景ポイントのひとつ。桜並木が圧巻で、ふんわりと咲く桜のトンネルの下を歩くと、おとぎ話の中にいるような夢心地に。満開時には枝いっぱいの桜の花が重みで枝が垂れ下がり、間近で桜を眺められます。春陽橋付近から撮影するのもおすすめです。

基本情報

住所
青森県弘前市下白銀町1−1
ウェブサイト
http://www.hirosakipark.jp/sakura/
開催日
2019年4月20日(土)~5月6日(月振)
開催時間
日没~23:00(予定)
開催場所
弘前公園

問い合わせ先

問い合わせ先
弘前観光コンベンション協会
電話番号
0172-35-3131

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

犬っこまつり
詳細はこちら