弘前ねぷたまつり

勇壮で典雅な「ねぷた」が短く熱い夏を盛り上げる

夏を華やかに彩る弘前ねぷたまつり。三国志や水滸伝などの武者絵が描かれた大小約80台の勇壮華麗な山車(ねぷた)が、「ヤーヤドー」の掛け声とともに、城下町・弘前を練り歩く、このエリアを代表する夏まつりです。毎年8月1日から7日まで開催され、観客数は例年160万人以上に上ります。国の重要無形民俗文化財に指定されています。


ねぷたの種類は扇型の「扇ねぷた」と人形の形をした「組ねぷた」の2種類。最初に小型のねぷたが、続いて大型のねぷたが曳かれます。子供たちが手に持つ「金魚ねぷた」は可愛らしく、最大9メートル超・重量何トンもあるの大型ねぷたを曳く男衆の姿は迫力満点。正面の「鏡絵」に描かれるのは勇壮な武者絵、背面の「見送り絵」は妖艶な美女の絵となっており、表裏の対比も弘前ねぷたの魅力のひとつ。それぞれのねぷたの後ろには笛や太鼓の一団が続き、お囃子が祭りを盛り上げます。


青森市のねぶたが「nebuta」であるのに対し、弘前市のねぷたが「neputa」。地域によって発音が異なるのも趣深いところ。由来は諸説ありますが、忙しい夏の農作業の妨げとなる眠気や怠け心などを流す「眠り流し」という農民行事から生まれたといわれます。その名の通り、眠さも吹き飛ぶほどの鮮やかさと迫力です。


運行コースは日によって変わり、有料観覧席は土手町コース、駅前コースにそれぞれ特設されています。

エリア
青森県
弘前
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
青森県弘前市元寺町
料金
有料観覧席
●大人料金(高校生以上)¥2,000
●小人料金(小・中学生)¥1,000
営業時間
毎年8月1~7日開催
●8月1日~4日 PM 7:00~
土手町コース
●8月5日・6日 PM 7:00~
駅前コース
●8月7日 AM10:00~
土手町なぬか日コース
アクセス
●土手町コース
JR弘前駅から徒歩20分
●駅前コース
JR弘前駅からすぐ
公式サイト
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_summer_neputa
開催日
2019年8月1日~2019年8月7日
開催場所
青森県弘前市内(土手町コース、駅前コース、土手町なぬか日コース)

問い合わせ先

問い合わせ先
弘前市立観光館
電話番号
0172-37-5501

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

浦佐毘沙門堂裸押合祭
詳細はこちら