松島流灯会 海の盆

まつしまりゅうとうえ うみのぼん

花火と灯篭に鎮魂と供養の思いをこめて

  • 瑞巌寺

2011年の東日本大震災で宮城県の沿岸部は壊滅的な打撃を受けました。日本三景の一つ松島町では、この年からお盆に合わせて鎮魂と供養の夏祭りを始めました。それが「松島流灯会 海の盆」。


みんなで楽しみながら作るお祭りで、霊場松島としての供養を大事にしながら、祭りの賑やかさを楽しみ、大人も子供も自然に笑顔になるような、なつかしくて新しいお祭りです。


芯となるのは瑞巌寺で700年の間続けられてきた「大施餓鬼会(おせがきえ)と「灯籠流し」」。松島海岸で経木塔婆を焚き上げ、僧侶50人が法要を行います。その他、盆踊りや太鼓の演奏、灯篭流しや供養花火の打ち上げが行われます。

エリア
宮城県
松島・塩竈
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
宮城県宮城郡松島町
営業時間
18:00~21:00
アクセス
●JR仙石線松島海岸駅より徒歩5分
●三陸自動車道松島海岸ICより約5分
公式サイト
サイトを見る
SNS
Facebook
会場名
松島海岸中央広場、寺町周辺(宮城県宮城郡松島町)

問い合わせ先

問い合わせ先
松島流灯会 海の盆 実行委員会
電話番号
022-354-2618

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

銀山温泉
詳細はこちら