西馬音内盆踊り

にしもない ぼんおどり

顔を隠した踊り手、妖気漂う夢幻の世界

岐阜県の郡上踊り、徳島県の阿波踊りとともに日本三大盆踊りの一つに数えられる秋田県羽後町の「西馬音内盆踊り」。毎年、旧盆の時期である8月16日から18日に開催されます。700年の伝統をもち、1981年には国の重要無形民俗文化財に指定されました。


「彦左頭巾(ひこさずきん)」と呼ばれる黒い布や、「編み笠」と呼ばれるイグサで作られた半月形の優美な笠で顔を隠しながら踊るため、「亡者踊り」とも呼ばれます。一方、衣装は、美しい藍染め浴衣や色とりどりの継ぎ接ぎが施された「端縫い(はぬい)」と呼ばれる着物に身を包み、華やかに彩ります。


哀愁を帯びたお囃子の音色に、顔を隠した踊り手たちがかがり火に浮かぶ様子は、まさに妖気が漂う夢幻の世界。


鑑賞には有料観覧席の購入がおすすめ。中でも「仕切台」と呼ばれる簡易指定席は最前列で見られます。反り返った指先の美しさまで、逃さずにご覧ください。

エリア
秋田県
横手・鳥海
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
秋田県羽後町西馬音内
ウェブサイト
http://ugo.main.jp/bonodori/
開催日
2019年8月16日~2019年8月18日
開催場所
秋田県羽後町西馬音内字本町地内(通称本町通り)

問い合わせ先

問い合わせ先
羽後町観光物産協会
電話番号
0183-55-8635

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

会津田島祗園祭
詳細はこちら