チャグチャグ馬コ

岩手の初夏を彩る、馬コたちの大行進

チャグチャグ馬コ
毎年6月第2土曜日に開催される、岩手の初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」。艶やかな装束と鈴をつけた約100頭の馬が、鬼越蒼前神社(おにこしそうぜんじんじゃ)から盛岡八幡宮までの約13kmの道のりを4時間半かけて大行進!
かつて人と馬がひとつ屋根の下で暮らす「南部曲り家」があったように、馬を大切にする文化がある岩手。田植えの労働力に欠かせなかった愛馬の労をねぎらい、豊作を願って神社にお参りしたのが、この祭りの起源といわれ、200年以上の歴史をもつ東北屈指の伝統行事となりました。歩くたびに鈴の音が『チャグチャグ』と鳴るのが祭りの名前の由来だとか。「残したい”日本の音風景100選”」にも選定されています。
豪華絢爛な衣装をまとった馬コ(うまっこ)に乘るのは、小学校低学年までの可愛らしい子供たち。馬の背から子供たちが手を振る微笑ましい姿に、沿道から大人たちが手を振り返します。心温まる人々の笑顔も、この行事の魅力です。
住所
岩手県盛岡市・滝沢市
電話番号
019-651-4111
営業時間
料金
所要時間
備考

東北の観光・旅行情報は「旅東北」へ https://www.tohokukanko.jp/

このページを印刷する