【Base!TOHOKU】浅虫エリアを起点としたアート・文化を楽しむコース

時間
所要時間 : 2泊3日
エリアマップ 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 新潟県

浅虫エリアを起点としてアート・文化を満喫する長期滞在(2泊3日)のコースです。

START
1日目

弘前れんが倉庫美術館

100年の歴史を持つ煉瓦倉庫をリニューアルした現代美術館

弘前れんが倉庫美術館
弘前れんが倉庫美術館のもととなる煉瓦倉庫は、酒造工場として約100年前に建てられ、戦後日本で初めて大々的にシードルを製造していた工場でもありました。
そして、美術館になる前の2002年・2005年・2006年と3回に渡り、弘前市出身の現代美術家・奈良美智が展覧会を開催しました。
現在の美術館のエントランスには、当時の展覧会に参加したボランティアの方々へ感謝の意を込めて寄贈された『A to Z Memorial Dog』が展示されており、皆様をお出迎えいたします。
美術館への改修にあたり気鋭の建築家・田根剛が「3つのポイント」にこだわり設計を手掛けました。
1.「記憶の継承」
煉瓦など可能な限り既存部分を残し活用しつつ、耐震補強を行いました。
2.「弘前積みレンガ工法」
エントランスに施されたどこか暖か味を感じる美しい煉瓦のアーチは、新しく積まれたもので、既存のイギリス積みに対して「弘前積み」と名付けられています。
3.「シードル・ゴールドの菱葺屋根」
美術館棟の屋根一つ一つはチタンで出来ていて、光の当たり方によって色が違って見えるので、様々な表情を見せてくれます。
展覧会は年間3つのプログラムで構成され、奈良美智、ジャン=ミシェル・オトニエルをはじめ、国内外の現代アーティストによる作品をご覧いただけます。
現代アートを通して、地域と世界を結び、多様なヴィジョンと豊かな感性に触れ、過去から現在、そして未来へ繋がる新たな創造性を喚起する、クリエイティブ・ハブ(文化創造の拠点)を目指します。
新しく生まれ変わった「弘前れんが倉庫美術館」で、弘前の歴史・文化に触れながら楽しいひと時をお過ごしください。

青森魚菜センター のっけ丼

好きな具材を好きなだけ 美味しさてんこ盛りのワガママ丼

青森魚菜センター のっけ丼
目の前に青森湾が広がる青森駅前からほどなくしてある「青森魚菜センター」。地元では「古川市場」の名で親しまれ、市民の台所として賑わい、地元の人々の生活に欠かせない市場です。その日の朝に水揚げされた近海の新鮮な魚介類をはじめ、肉や野菜、加工品など様々な食材が手に入るこの市場では、丼ご飯にお好みの具材をのっけて作る「のっけ丼」が味わえます。「ちょっとずつ、たくさんの種類が食べたい」「海鮮とお肉、両方味わいたい」など、自分だけのリクエストが叶えられる究極のわがまま丼です。
【のっけ丼の手順】①「のっけ丼」食事券を案内所から購入(10枚券:1,500円・5枚券:750円)②赤い看板のあるお店で丼ご飯に引き換え(並盛食事券1枚・大盛り食事券2枚)③約30店舗あるお店からお刺身や惣菜、お肉など好きな具材に引き換え④自分だけのオリジナル丼が完成!場内の休憩所で食べる!なお、生ものですので、丼のお持ち帰りは出来ません。お刺身は鮮魚店で購入すれば、お持ち帰り用に用意してくれます。
チェックイン・宿で夕食
2日目
宿で朝食

十和田市現代美術館

パブリックアートも多数!通り全体がひとつの美術館

十和田市現代美術館
「Arts Towada」は「官庁街通りという屋外空間を舞台に、通り全体をひとつの美術館に見立て、多様なアート作品を展開する」というコンセプトのプロジェクト。市のシンボルロードである官庁街通りには、心を楽しませてくれるパブリックアートが点在しています。
このアートプロジェクトの一環である美術館では、展示スペースに大きなガラスの開口があり、アート作品が街に対して展示されているかのような開放的な構成となっています。現代美術の分野で活躍する国内外のアーティストの常設作品は、美術館の展示室の中だけでなく、中庭、屋上、階段室など、敷地内の様々な場所に配されています。

地元の名物を堪能する「十和田バラ焼き」

十和田バラ焼きの楽しみ方~「タワー焼き」を知っているか~

地元の名物を堪能する「十和田バラ焼き」
食を通じてまちおこしをする「十和田バラ焼きゼミナール」。2008年の設立以来、「十和田バラ焼きでまちおこしを元気に」を合言葉に、バラ焼きを提供しています。十和田バラ焼きゼミナールでは、「司 バラ焼き大衆食堂」において、「タワー焼きでLavie en rose」を催行。バラゼミのメンバーと一緒にタワー焼きを楽しむというものです。人数が多ければ多いほど、肉のタワーが高くなり、見応えもたっぷりです。

国際芸術センター青森

国際芸術センター青森

国際芸術センター青森
自然とアート、地域とアーティストとの交流をテーマにつくられたアートセンターです。国内外のアーティストたちが青森に滞在しながら制作した作品を発表する展覧会や、豊かな森の中に点在する野外彫刻を鑑賞することができます。
 安藤忠雄による建築もみどころのひとつ。
 馬蹄形のギャラリーや円形の屋外ステージを備えた「展示棟」、作品制作を行う「創作棟」、芸術活動のために滞在できる「宿泊棟」の3棟が、周囲の自然環境や起伏に富んだ地形を壊さないように配置されています。
 その他、美術図書を自由に閲覧できるラウンジや、アーティストの指導による体験ワークショップ、芸術講座なども随時開催しています。

(※スケジュールは要確認)

あおもり寿司クーポン

あおもり寿司クーポン
青森市内の販売所(ホテルのフロントや観光案内所など)で購入できるクーポンです。まずはパンフレットで行きたい寿司店を選び、クーポンを購入。販売所からスタッフが寿司店に予約を入れます。販売所等詳細はURLをご確認ください。新幹線の乗車券購入者限定で販売されている「選べる!青森寿司店クーポン」1,650円(税込)もお得です。
宿でゆっくり過ごす
3日目
朝食・チェックアウト

「道の駅」ゆ~さ浅虫

充実したお土産品・青森市特特産カシスソフト販売

「道の駅」ゆ~さ浅虫
県内外のお客様に人気のある充実したお土産品・青森市特特産カシスソフトなどを販売しています。

ユートリー

八戸の玄関口 駅を降りればすぐ隣に。会議・研修・宿泊・おみやげに!!

ユートリー
 JR八戸駅へ隣接したユートリー。宿泊施設や貸会議室、駐車場を備え1階には八戸圏域のおみやげを約2000種類取り揃えたおみやげショップがございます。八戸三社大祭山車展示コーナーでは山車前での記念撮影など、年中お祭りの雰囲気をお楽しみ頂けます。 南部せんべい手焼き体験や、八戸地方の農村に古くから伝わる伝統工芸「南部菱刺」の体験教室も実施しています。※新型コロナウイルス感染症拡大防止の為現在休止中です。
GOAL
  • 弘前れんが倉庫美術館
  • 青森魚菜センター のっけ丼
  • 十和田市現代美術館
  • 地元の名物を堪能する「十和田バラ焼き」
  • 国際芸術センター青森
  • あおもり寿司クーポン
  • 「道の駅」ゆ~さ浅虫
  • ユートリー

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

【Base!TOHOKU】浅虫エリアを起点とした歴史・文化を楽しむコ…
詳細はこちら
2021年7月 世界文化遺産登録! 北海道・北東北の縄文遺跡群に…
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】花巻温泉郷エリアで物語をめぐるコース(花巻…
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】秋保の食を満喫コース
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】秋の浅虫を楽しむコース
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】秋保・作並温泉エリアの歴史・文化探訪コース
詳細はこちら
角館&田沢湖 歴史文化満喫 2泊3日プラン【Base!TOHOKU 田…
詳細はこちら
十和田奥入瀬の文化を嗜む2泊3日コース【Base!TOHOKU 十和田・…
詳細はこちら
縄文・平安時代の歴史と文化に触れる1泊2日
詳細はこちら
青森・岩手の自然と温泉を満喫する2泊3日
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】高湯温泉エリアで温泉をゆっくりのんびり楽し…
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】天童の宿と町を満喫するコース
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】乳頭温泉郷七湯巡りのゆったりのんびりコース♪
詳細はこちら
岩手・秋田の自然と温泉を満喫する2泊3日
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】飯坂・高湯温泉エリアで秋のフルーツ×体験×温…
詳細はこちら
  • TOP
  • モデルコース
  • 【Base!TOHOKU】浅虫エリアを起点としたアート・文化を楽しむコース