女川町災害学習プログラム(宮城県)

東日本大震災による甚大な被害を受けた宮城県女川町の被災地を巡り、防災や減災について学ぶプログラムです。バスの添乗して行う「語り部ガイド」を始めとして、震災後に中東カタールから支援を受けて建設された大型冷凍冷蔵施設「MASKAR ~マスカー~」の見学や、女川町地方卸売市場での水揚げ・競りの見学など、学校の要望に沿って様々なプログラムを用意しています。

基本情報

住所
宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原479-20
公式サイト
http://www.onagawa.org/attract
受入可能人数
約150〜160人(バス4台まで)
受入時期
通年
対象学年
小学・中学・高校

問い合わせ先

問い合わせ先
一般社団法人 女川町観光協会
電話番号
0225-54-4328

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

種差海岸地区震災学習・種差漁港(青森県)
詳細はこちら
未来に震災の教訓を伝える「学ぶ防災」(岩手県)
詳細はこちら
世界最大級の地中式タンク、エネルギーと環境を学ぶ
詳細はこちら