ジャンル:震災・防災,自然・環境,農林漁業・産業

松島、杜の都仙台で震災・防災を学ぶ

宮城県

モデルコース紹介文 東日本大震災で多数の犠牲者を出した仙台市は、今や防災面で世界をリードする街へと進化しています。このコースは仙台および周辺の自治体での震災・防災学習がテーマの3日間の旅です。閖上地区というのは仙台市の南隣・名取市の漁港で、大きな被害を受けました。語り部に当時の模様を聞きます。「みちのく杜の湖畔公園」では震災の教訓をもとに、実践的な避難所のあり方、中学生や高校生が担うべき役割などを学びます。災害の被害を最小限にする自助・共助・公助など理解してもらいたいと思っています。2日目、松島観光は塩釜から船に乗って行きます。日本三景松島湾を眺めながら、船内でも震災についての話を聞きます。
  • 松島遊覧船 震災語り部クルーズ(汽丸文松島船株式会社)
  • 仙台うみの杜水族館
  • 五大堂
  • 全行程
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

PowerPoint 実施例をダウンロード