北前船と庄内米の歴史「山居倉庫」

きたまえぶねとしょうないまいのれきし「さんきょそうこ」

米どころ庄内のシンボル

 明治26年建造の現役の米保管倉庫で、米どころ庄内・酒田のシンボルです。全12棟の倉庫のうち、2棟が酒田市観光物産館「酒田夢の俱楽」(①)、1棟が庄内米歴史資料館(②)、他9棟が今も米保管倉庫として使われています。また、この倉庫群を守るように立ち並ぶケヤキ並木は四季折々に美しく、絶好の撮影スポットとなっています。夜は22:00までライトアップされています。この山居倉庫は、北前船の往来で繁栄した酒田の歴史を語るうえで決して外すことのできない場所です。現地ではぜひともガイドの説明を聞きながらじっくりと廻ってください。土日祝は、酒田市観光ガイド協会がフリーで活動していますのでご活用ください。(有料のガイドもしております。)
 ①酒田市観光物産館「酒田夢の俱楽」

    お酒にお米に民芸品。酒田のお土産なら何でもそろう山居倉庫に併設された物産館。食事処「芳香亭」や

  つや姫ソフト、地酒のワンコイン販売などのファストフードもあり。また、おしん人形の展示も行ってい

  ます。
 ②庄内米歴史資料館 

    稲作の歴史、稲作のルーツ、品種改良、生産・保管・流通の過程などを、精緻な模型や展示パネルなどで

  分かりやすく紹介しています。当時の女丁持が運んだ米の重さを体験できるコーナーが好評です。

基本情報

住所
山形県酒田市山居町1-1-20(①②ともに)
料金
①酒田市観光物産館「酒田夢の俱楽」 無料
②庄内米歴史資料館 大人300円(団体250円)
営業時間
①酒田市観光物産館「酒田夢の俱楽」
 9:00~18:00(12~2月は17:00まで) 
②庄内米歴史資料館
 9:00~17:00(12月は16:30まで)
休業日
①酒田市観光物産館「酒田夢の俱楽」 1月1日
②庄内米歴史資料館 12月29日~2月末日
アクセス
酒田駅から車で約5分、徒歩で約20分
駐車場
35台、大型3台
公式サイト
酒田さんぽ(酒田観光物産協会)
SNS
Twitter
クチコミ
トリップアドバイザー
備考

・酒田市観光ガイド協会(1,000円/時間) 
 予約電話0234-24-2233(酒田観光物産協会)
・土日祝はフリーのガイドが活動しています

問い合わせ先

問い合わせ先
①(一社)酒田観光物産協会
②庄内米歴史資料館
電話番号
①酒田市観光物産館「酒田夢の俱楽」0234-24-2233 
②庄内米歴史資料館 0234-23-7470
FAX番号
①酒田市観光物産館「酒田夢の俱楽」0234-24-8350
②庄内米歴史資料館 0234-23-7473