仙台牛

せんだいぎゅう

食通をうならせる仙台自慢の逸品

『仙台牛』の歴史は昭和6年、宮城県畜産試験場が肉質の向上を図るため、兵庫県から種牛を導入し、牛の改良を手がけたことから始まります。現在、『仙台牛』と呼べるのは黒毛和牛で、(公社)日本食肉格付協会枝肉取引規格がA-5またはB-5に評価したものだけ。その特徴は宮城の自然に育まれた美味しさにあります。良質な水とササニシキ・ひとめぼれなどの稲ワラを与え育てられた和牛の肉は上質な霜降り。食味は口当たりがよく、やわらか、まろやか、ジューシーと称されます。なかでも特に優れているのが、脂肪と肉本来の美味しさの絶妙なバランスです。その豊かな味わいは、仙台市内、宮城県のレストランはもとより、首都圏の一流ホテルやレストランなど、広い地域でメニューに登場。まさに質、量、ともに全国でもトップレベルを誇っています。※掲載情報は2020年4月末現在

基本情報

住所
宮城県
料金
各スポットにより異なります。
営業時間
各スポットにより異なります。
休業日
各スポットにより異なります。
アクセス
各スポットにより異なります。
駐車場
各スポットにより異なります。
公式サイト
仙台牛銘柄推進協議会公式サイト
SNS
Instagram

問い合わせ先

問い合わせ先
仙台牛銘柄推進協議会
電話番号
0229-35-2720
FAX番号
0229-35-2677
メールアドレス
info@sendaigyu.jp