村田町 蔵の町並み

むらたまち くらのまちなみ

江戸から明治の風情が残る町並み

  • 蔵の町並み
  • 蔵の観光案内所
  • やましょう記念館
  • やましょう記念館

 仙台と山形を結ぶ街道の分岐点として、江戸時代後期から明治初期にかけて商都の賑わいをみせた「村田」。当時の栄華を伝える豪勢な店蔵が、今も町の中心部に残っています。重厚な店蔵と門が一対となり、連続する景観が印象的です。

 平成26年9月には、この店の町並みが「重要的建造物群保存地区」に選定されました。

 村田商人やましょう記念館では、紅花の取引などを商いとした町有数の豪商「やましょう」が有した豪勢な店蔵と屋敷などの歴史的文化価値の高い建築物が今でも残されており、見学することができます。

基本情報

住所
宮城県柴田郡村田町大字村田字町43
営業時間
9:00~17:00(蔵の観光案内所)
休業日
年中無休(年末年始を除く)
アクセス
JR大河原駅から路線バス村田・川崎行き中央バス停下車 徒歩1分
駐車場
普通車 15台

問い合わせ先

問い合わせ先
蔵の観光案内所(株式会社まちづくり村田)
電話番号
0224-87-6990