【東北DC特別企画】三内丸山遺跡オリジナル「縄文の星空早見盤」をつくろう(青森県•三内丸山遺跡センター)

さんないまるやまいせきおりじなる「じょうもんのほしぞらはやみばん」をつくろう(あおもりけん•さんないまるやまいせきせんたー)

星空から5千年の時の流れを体感しよう

  • 星座早見盤(イメージ)
  • 三内丸山遺跡
  • 体験のイメージ
  • 板状土偶(イメージ)
  • 再生琥珀(イメージ)

 特別史跡三内丸山(さんないまるやま)遺跡は、今から約5900年前~4200年前の日本最大級の縄文集落跡で、世界文化遺産登録をめざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つです。

 これまでの発掘調査で、竪穴建物跡、掘立柱建物跡、大人の墓、子どもの墓、盛土、貯蔵穴、道路跡などが計画的に作られていたことがわかりました。また、膨大な量の縄文土器、石器、土偶、骨角器、ヒスイ、黒曜石等の出土品は、当時の環境や生活の様子、ほかの地域との交流を物語っています。

 三内丸山遺跡センターでは、屋外の復元された集落の様子と「さんまるミュージアム」等の展示から、縄文人のくらしを体感することができます。


【東北DC特別企画】として、三内丸山遺跡オリジナル「縄文の星空早見盤」の製作イベントを実施します。

三内丸山遺跡が営まれていた時代の星空を再現した、オリジナルの星空早見盤を製作して、「縄文人が見た星空」と現在の星空を見比べ、5000年の時の流れを感じてませんか。


【実施期間】※8/28・29は新型コロナウィルス感染症拡大防止のため中止となりました

2021年7〜8月の土曜日・日曜日・祝日の

11:00〜12:00、13:00〜14:00

※事前申込みは必要ありませんが、

数に限りがあり、製作体験時間帯を

指定した整理券を当日、総合案内で配布します。


このほか、土偶やコハクのペンダント作りなどの体験も可能です。

詳しくは「三内丸山遺跡・体験工房」のページ

https://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/exhibitions/active/

をご覧ください。


実施期間中は、特別展も開催予定です。

基本情報

住所
青森県青森市三内字丸山305
料金
三内丸山遺跡センター 観覧料
一般/410円
高校生•大学生等/200円
中学生以下/無料
※特別展の観覧料は別途必要となります
※団体料金(20名以上)の設定もございます。
営業時間
9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
※GW期間中と6月1日〜9月30日は18:00まで開館
休業日
毎月第4月曜日(祝日の場合は翌日)、
12月30日〜1月1日
アクセス
JR新青森駅からバス「ねぶたん号」で約15分
JR青森駅からバス「三内丸山遺跡行き」で約30分
東北自動車道青森ICから車で約5分
駐車場
あり(無料)
公式サイト
特別史跡「三内丸山遺跡」
所要時間
星座盤製作体験はおよそ5分程度

問い合わせ先

問い合わせ先
三内丸山遺跡センター
電話番号
017-781-6078
FAX番号
017-781-6103