【東通村】本州最北東端、尻屋埼灯台(公益社団法人 燈光会)

【ひがしどおりむら】ほんしゅうさいほくとうたん、しりやさきとうだい(こうえきしゃだんほうじん とうこうかい)

レンガ造りでは日本一の高さを誇る尻屋埼灯台から、本州最果ての海も!空も!山も!馬も!

  • まさに本州最果てっ!絶景を体感できる尻屋埼灯台!
  • レンズ真下のバルコニーは360°の空中回廊
  • 灯台内部では1876年当時のレンガ組も見られます
  • 海!空!灯台!寒立馬!

1876年10月に点灯した東北最古の洋式灯台で、レンガ造りでは日本一の高さを誇る尻屋埼灯台は、2017年にその文化的・歴史的価値が認められ国の有形登録遺産に指定されています。2018年には日本の洋式灯台150周年を記念して全国16基目の登って観れる参観灯台に指定されました。本州最北東端に立つ尻屋埼灯台は、128段の階段を登ると、遮る物のない360°の絶景パノラマが見渡せます。海の向こうには北海道の恵山を望み、青森県下北半島最高峰の釜臥山と恐山山地の山並みが海と空と大地のコントラストを描きます。眼下には太平洋と津軽海峡がぶつかり合う潮目や、悠然と草を食む青森県の天然記念物「寒立馬」を見ることができます。(※状況により放牧場所が変更となる場合もあります)

まるで「本州最果ての地 尻屋崎」に浮かんでいるような光景は、一生に一度は見ておきたいニッポンの絶景です。

基本情報

住所
青森県東通村尻屋字尻屋崎1-1
料金
参観寄付金として一人300円(中学生以上)
営業時間
9:00~16:00(4月下旬~4月31日までは9:00~15:00)
休業日
期間中無休。ただし、強風や悪天候等により公開を急遽中止する場合がある。
アクセス
●JR大湊線下北駅からバス乗継で下北バスターミナル→下北バスターミナル発尻屋崎線「尻屋崎」(約50分)下車すぐ
●JR大湊線下北駅からタクシー・レンタカーで約45分
●東北自動車道下田百石ICから約2時間15
駐車場
灯台手前約200m付近に無料の駐車場有り。
公式サイト
「灯台のことなら」公益社団法人 燈光会
所要時間
15分~30分
備考
4月下旬から11月上旬まで無休だが、悪天候や、晴天時でも強風や雷注意報発令等により急遽公開を中止する場合がある。
公開状況は燈光会ホームページでリアルタイム更新している。
全て階段での昇降になるため、体力に不安がある場合などは要確認。

問い合わせ先

問い合わせ先
公益社団法人 燈光会 尻屋埼支所  ※開放期間外は東通村役場商工観光課(0175-27-2111)
電話番号
0175-47-2889 ※開放期間のみ