【東北DC特別企画】千秋公園蓮の花(秋田県秋田市)(秋田市ナイト観光検討委員会)

せんしゅうこうえんはすのはな(あきたけんあきたし)(あきたしないとかんこうけんとういいんかい)

まちなかのオアシス

JR秋田駅から徒歩約10分。秋田市民憩いの「千秋公園」は、秋田藩主佐竹氏の居城・久保田城があったところです。


藩政時代の面影のこる公園内は、春は桜やツツジ、夏は緑の木々や蓮、秋は紅葉、冬は雪景色と季節ごとの味わいがあり、とても自然豊か。散歩したり、写真を撮ったりと思い思いに過ごす人たちの姿が見られます。


公園入り口にある「大手門の堀」には、淡いピンクや白の「蓮の花」が例年7月下旬から咲き始め、夏の日差しを浴びて大きく成長した葉は堀を埋め尽くし、大輪の花が鮮やかに咲き誇る。風が吹くとかすかに甘い香りが漂い、通り掛かった人たちは思わず足を止め、写真を撮るなどしていた。最盛期はお盆ごろで、9月上旬まで鑑賞できます。


2021年東北DC期間に合わせて、夜間のライトアップを実施予定。

基本情報

住所
秋田県秋田市千秋公園1
営業時間
9:00~17:20
休業日
土日祝日
アクセス
秋田新幹線秋田駅より徒歩約10分

問い合わせ先

問い合わせ先
秋田市ナイト観光検討委員会
電話番号
018-866-6676
FAX番号
018-862-2101
メールアドレス
machi@akitacci.or.jp