縁桂

えんかつら

2本の桂の木が枝でつながった神秘的な「連理の木」

  • 縁桂
  • 遊歩道
  • 遊歩道

縁桂は2本の桂の木が地上7mで枝が結ばれ1本となった、北海道でも有数の巨大樹です。
このような木は「連理の木」と呼ばれ、縁結びの神様が宿るとされており、地元では、この木に触ると良縁に恵まれると崇められています。

縁桂は平成12年に林野庁選定の「森の巨人たち百選」に選定され、平成17年には”重歓木(じゅうかんぼく)”という中国の湖南省張家界市(こなんしょうちょうかかいし)にある連理の木と「友好姉妹樹」の締結をしています。
平成24年には、全国訪ねてみたい神秘的な巨樹ランキングに、屋久島の縄文杉に次いで2位に選ばれました。

基本情報

住所
北海道乙部町字富岡
アクセス
木古内駅から車で約90分
乙部町役場から車で約15分
駐車場
約10台(普通車)
公式サイト
乙部町 公式ホームページ
備考
縁桂までの遊歩道にはウッドチップが敷かれています。

問い合わせ先

問い合わせ先
乙部町役場 産業課商工労働観光係
電話番号
0139-62-2871
FAX番号
0139-62-2939
メールアドレス
kanko@town.otobe.lg.jp