一関市 栗駒山(須川岳)

岩手、秋田、宮城の3県にまたがる標高1626メートルの栗駒山。岩手県側では須川岳(すかわだけ)と呼ばれ、中腹に広がる須川高原では名湯が湯けむりを上げています。
 春から初夏にかけてはブナの新緑、夏は高山植物、秋は「神の絨毯(じゅうたん)」と呼ばれるほどの美しい紅葉を求め、大勢の登山客が足を運びます。
また、火山特有の景観や峡谷、湖沼、湿原と変化に富んだ風景が迎えてくれるのも、大きな魅力です。

火山の情報はコチラ(気象庁HP)


■適用期間:5月~10月
■対象エリア:岩手県  
■問合先:一関市観光協会
 メールアドレス  ichikan@indigo.plala.or.jp 
 電話 0191-23-2350
 HP https://www.ichitabi.jp/spot/data.php?p=13

エリア
岩手県
カテゴリー
自然