飯盛山

飯盛山は、会津若松市街の東2キロにあり、城下町を一望に見渡す小高い山で、その頂上には約1650年~1700年前につくられた前方後円墳があり、1600年以上、連綿と会津盆地を見守る信仰の山で、弁財天、古代四道将軍、日本武尊の神話も残っております。現在では、『ならぬことはならぬ』の会津精神、戊辰戦争の折に、白虎隊が自刃した地として知られあまりにも有名です。木々に囲まれ並ぶ墓石には今もなお訪れる人が多く、山腹の墓前には御線香の煙が絶えることはありません。飯盛山には、白虎隊十九士の墓、各地で戦死した三十一士の墓や、イタリア並びにドイツから贈られた記念碑、さざえ堂、宇賀神堂、厳島神社、白虎隊引揚の洞門、市天然記念物の太夫桜など、数多くの神話、史跡名所が残っていて見学することが可能です。(有料施設もあり)
飯盛分店ではガイドの案内や白虎隊の剣舞を無料で見ることができます。
エリア
福島県
カテゴリー
体験
歴史・文化

基本情報

住所
福島県会津若松市一箕町飯盛山上
公式サイト
http://www.iimoriyama.jp/index.html
受入可能人数
制限なし
受入時期
通年
対象学年
小学・中学・高校

問い合わせ先

問い合わせ先
飯盛分店
電話番号
0242-22-5818