荘内藩清川関所と歴史の里清川まち歩き

しょうないはんきよかわせきしょとれきしのさときよかわまちあるき

  • 日本遺産構成文化財の関所跡・松尾芭蕉上陸の地、清川関所には最上川舟運繁栄の面影が残る
  • 東北初の戊辰戦争合戦場となった御殿林
  • 世界かんがい施設遺産登録・庄内平野の礎「北楯大堰」
  • 明治維新の魁 清河八郎生誕の地
  • 文武両道 清河八郎を御祭神とする清河神社
  • 清河八郎記念館では貴重な資料を収蔵展示
  • 清河八郎家の菩提寺 歓喜寺
  • 義経が一夜を明かした御諸皇子神社
  • スポーツタイプのレンタルサイクル3台
  • 清川関所にて土日祝営業 御殿茶屋(食事処)

2019年、江戸時代の面影そのままに荘内藩清川関所・川口番所と船見番所が復元され、歴史の里清川の新しい観光名所となっています。清川は出羽三山参拝の表参道として栄えた宿場町。源義経、松尾芭蕉、明治天皇などが往来し、東北戊辰戦争の始まりとなった清川口の戦い、明治維新の魁 清河八郎が生まれ育ち眠る地。日本遺産「出羽三山生まれかわりの旅」の構成文化財清川関所跡、世界かんがい施設遺産に登録された北楯大堰もあり、復元された関所は清川の歴史を楽しむ「まち歩き」の拠点として魅力を発信していす。入館無料の館内には歴史資料の展示や甲冑体験ができ、土日祝には御殿茶屋も開店し飲食も可能。きよかわ観光ガイドの会によるガイドは30分~3時間のコース複数設定しています。国道47号線沿い、最上川舟下り降舟場から車で3分の立地。最上川舟下りと共に歴史を体感できる場所として是非お立ち寄りください。

基本情報

住所
山形県東田川郡庄内町清川字花崎1番地1
料金
荘内藩清川関所 無料
清河八郎記念館 大人400円・高校生300円・中学生200円・以下無料 (10名様以上1割引き)
きよかわ観光ガイドの会 1時間1,000円(ガイド1名で10名様まで)
営業時間
10:00~17:00
休業日
毎週月曜日(祝祭日の場合は翌平日)
12月~2月(冬期休館)
アクセス
JR東京駅~上越新幹線~陸羽本線・余目~陸羽西線・清川
JR東京駅~山形新幹線~陸羽西線・清川
羽田・成田空港~庄内空港~車で30分
東北自動車道村田JCT~山形自動車道酒田IC~国道47号清川
最上川舟下り草薙下船場~車で3分
駐車場
有り 24台・大型バス可
公式サイト
清川歴史公園【公式】
SNS
インスタグラム(庄内町清川歴史公園)
クチコミ
トリップアドバイザー
所要時間
清川まち歩き 30分~約3時間
備考
御殿茶屋(お食事処) 営業日:土曜日・日曜日・祝日(12月~2月冬期休館) 営業時間:11:00~14:00 
きよかわ観光ガイドの会は要予約(予約先:清川歴史公園)
予約方法・申し込み方法
きよかわ観光ガイドの会は要予約(予約先:清川歴史公園)

問い合わせ先

問い合わせ先
清川歴史公園
電話番号
0234-25-5885
FAX番号
0234-25-5885

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

志津川湾観光船
詳細はこちら
東北山・鉾・屋台巡り
詳細はこちら
三陸ジオパークでグランピング!海と山の幸でBBQ
詳細はこちら
会津鉄道
詳細はこちら
喜多方酒蔵探訪のんびりウォーク
詳細はこちら
円通寺
詳細はこちら
台ヶ森温泉「山野川旅館」
詳細はこちら
芦ノ牧温泉
詳細はこちら
花ももの里
詳細はこちら
神寺不動尊 松景院
詳細はこちら
上品山
詳細はこちら
文翔館
詳細はこちら
【青森県鶴田町】鶴の舞橋
詳細はこちら
古津軽・鬼伝説(鬼神社、鳥居の鬼コ)
詳細はこちら
やながわ希望の森公園
詳細はこちら
【東北DC特別企画】男鹿のナマハゲ大集合!(秋田県男鹿市)
詳細はこちら
オートキャンプ&月山登山
詳細はこちら
書き駒・彫り駒
詳細はこちら
森吉山ダム広報館(秋田県北秋田市)
詳細はこちら
御所野縄文公園・御所野縄文博物館
詳細はこちら