一日市盆踊り(秋田県南秋田郡八郎潟町)

ひといちぼんおどり(あきたけんみなみあきたぐんはちろうがたまち)

秋田県三大盆踊りの一つ

  • 一日市盆踊り 1
  • 一日市盆踊り 2

一日市盆踊りは秋田県指定無形民俗文化財に指定されており、浦城三浦氏の時代である永享元年(1429)から永禄13年(1570)頃から踊られていたとされる非常に長い歴史を持った盆踊りです。また、寛文2年(1662)頃から現在の形へと変化したと伝えられています。

長い年月をかけ「踊る踊り」として大衆化した現在では、テンポの速い「デンデンヅク踊り」「キタサカ踊り」、都から取り入れた優雅な「三勝踊り」の3つが伝承されています。

毎年8月18日から20日までの3日間、一日市商店街を会場に開催され、浴衣姿や色とりどりの仮想をした踊り子が踊る姿は夏の風物詩となっています。

エリア
秋田
秋田県
カテゴリー
文化・歴史
アート

基本情報

住所
秋田県八郎潟町八郎潟町一日市商店街内
料金
無料
アクセス
JR八郎潟駅から徒歩5分
秋田自動車道 五城目八郎潟I.C.から車で5分
駐車場
無料
所要時間
2時間

問い合わせ先

問い合わせ先
八郎潟町 産業課
電話番号
018-875-5803
FAX番号
018-875-5950
メールアドレス
sangyou@town.hachirogata.lg.jp